JAL GLOBAL CLUBの魅力 〜取得までの苦労とメリット〜

JGCカード

JAL版SFCとも言うべきJAL GLOBAL CLUB、通称JGC。 こんにちは、マイルの旅人です。こちらも“修行”と呼ばれる行為をしてまで獲得したいと言われるステータスです。先のSFCと同様、取得って大変なの?実際のところ取得してみてのメリットは??を書いてみたいと思います。

取得までの道のり

サービスステータス一覧

もともとANA派で前年にANAプラチナ会員になり、無事にSFCを取得し、翌年もANAを利用することもできたのですが、スターアライアンス、ワンワールドアライアンス双方の上級会員になるべく、JGCを目指しました。

JALグローバルクラブ会員になるためには、まずJMBサファイア会員になる必要があります。FLY ONポイントで貯める方法もありますが、搭乗回数でもクリアできます。私は出張での利用に加えて、国内旅行をパッケージツアーで数回行って搭乗回数でクリアしました。

搭乗回数でクリアできるのは、搭乗あたりの単価を安くすことができるため、ANAと比べて少し楽でした。

実際に獲得したメリットは?

Class J


30日間無条件全額返金保証/ライザップ

前回のSFCと同じくで恐縮ですが、、、JGCの特典を網羅的にみたい方はJALのWEBサイトを見れば載ってますので、実際にユーザーとして使って便利だと感じたメリットについて買いていきます。

実は、アップグレードポイントもなければ、プレミアムエコノミーへのアップグレードもないJALのJGCでパッと見、ANAのSFCに見劣りしてしまいます。


・サクララウンジが使える

JGCになると、国内線/国際線ともにサクララウンジが使えます。ANAでもこの特典はあったのですが、JALとANAの国内線の席種の違いが大きなポイントになります。

ANAには、普通席とプレミアムクラスしかないため普通席の狭い座席を我慢するor高い金を払ってプレミアムクラスに乗る の2択になります。

別に食事したいわけではないし、ゆっくりゆったり過ごしたいだけの場合はプレミアムクラスは明らかにオーバースペックと言えるでしょうか。

一方で、JALには、普通席とファーストクラス、その間にCLASS Jがあります。

座席にはゆとりがあり、前後や隣を気にすることなく食事も付いていない分、追加料金は1,000円で済みます。何よりの良い点は追加の1,000円は当日空港で払うことができ、領収書には普通席と記載した1,000円引きの金額が記載されます。

出張等で普通席しか認められていない場合などは、非常に便利です。


が、しかし、唯一の欠点はラウンジが使えない点です。


でも、JGC会員になればサクララウンジが使えますので、CLASS JとJGCはある意味最強のタッグなわけです。


もちろんこれ以外にも、メリットはたくさんありますが、恩恵を受けていてメリットだと感じるのは、この一点でしょうか。私自身が国際線でJALをあまり利用しないのでメリットを感じる機会が単純に少ないだけかもしれません。正直CLASS Jを使ってラウンジに入れるというメリットだけで、私は十分に価値を感じています。

やはり、こちらも持ってみると手放せない



JGC



やはりラウンジの利用は大きなポイントかと思います。これも一度持つと手放せないですね。JALでたまったマイルとハピタスで貯めたマイルでゲットした特典航空券で、来年にはオーストラリアに旅行に行くつもりですので、改めてJAL国際線でのJGCメリットについても書いてみようと思います。




マイレージブログランキングはこちら☆

マイレージ人気ランキングはこちら☆

この記事へのコメント