シンガポールホテル 〜コスパvs伝統〜

ラッフルズホテル

シンガポールのホテル、滞在した3つのホテルを比較します こんにちは、マイルの旅人です。今回、シンガポールには5泊しましたが、3つのホテルに宿泊しました。ちなみに最終日は翌朝6:00発の飛行機だったため、チャンギ空港T2のシルバークリスラウンジにて朝まで過ごしましたが、くつろげる場所があまりなく、シャワーも日本のラウンジに比べると雲泥の差、食事も時間が経っていて美味しくなく、間違いなく大失敗でした。。。その話はまた別の機会に。



クラウンプラザチャンギエアポート

クラウンプラザチャンギエアポート

まず、シンガポールチャンギ空港にあるクラウンプラザです。ANA便で到着した場合、荷物をピックアップし、ゲートを出たら右に進んでいくとエレベーターとエスカレーターがあるので、フロアを下ります。すると地下鉄の出口があり、連絡通路があるためT3に行き、エレベーターで上がると入り口があります。到着ロビーに案内版が出ているので、それに沿って移動すると10分もかからず到着です。

深夜到着のお客さんも多く、私も深夜0時を過ぎたあたりでチェックインしましたが、他にも2組ほどその時間にチェックインしていました。


クラウンプラザチャンギエアポート室内

部屋はいたってシンプルな縦長の部屋でベッドメイクや部屋の掃除は行き届いていました。アメニティも必要なものが揃っており、清潔感があって高評価です。以前、伝統的な5つ星ホテルに宿泊した際は、天井が高過ぎて蜘蛛の巣が張っていたり、少々気になった箇所があったため、改めて「シンガポール、やるじゃん!」と見直しました。

国際都市シンガポールの空港に隣接しているため、色々な国の顧客の要望に合わせてブラッシュアップしているのでしょうか。

唯一残念な点をあげるとしたら、朝食のレストランにてビュッフェ形式のサラダに虫がたかっていた点でしょうか。常夏の東南アジアなので仕方ないかもしれませんが、食欲が一気に落ちました。。


ちなみに朝食付き、expediaからの予約で1泊¥24,580でした。深夜にチェックインして、翌日はラッフルズホテルへチェックインが可能になったタイミングでチェックアウトしてますので、滞在時間から比べると少々勿体無い気がしてしまいます。

ラッフルズホテル

ラッフルズホテルエントランス

翌日は伝統あるラッフルズホテルに宿泊しました。以前、シンガポールに来た際はシンガポールスリングを楽しみに、LONG BARに行きましたが今回は宿泊します。前回のシンガポール訪問時にタクシードライバーから聞いた話では、ラッフルズホテルが面しているBeach Rdは以前は本当にビーチだった場所らしく、海岸がすぐそばにあったとのこと。

シンガポールが埋め立てによって国土を大きくし、発展を続けている点を感じるお話でした。


ラッフルズホテルエレベーター

ラッフルズホテルににはエントランスに名物のターバン姿のドアマン。この気温でよくこの服装が耐えられるなと思いました。。事前にホテルに電話をして部屋の準備ができているかを確認し、チェックイン可能時間より早く到着しても大丈夫かどうか確認してからタクシーで向かいました。事前にチェックイン時間についてメールでもやりとりをしており、到着前からホスピタリティの高い対応に感動しました。


ラッフルズホテル工事

現在、ラッフルズホテルは改装を行なっており、もうすぐ全面クローズです。工事中の壁にはしっかりシンガポールスリングが描かれていました。改装前に一度は泊まってみたかったので、滑り込みセーフでした。


ラッフルズホテル室内

部屋は重厚感があり、歴史を感じさせます。一方で床がきしんだり、部屋の中央に向けて傾いていたりと、やはり築年数には勝てない、改装やむなしと思う点も多々ありました。

改めて、改装後にもう一度泊まりに来たいと思わせてくれたのは、担当してくれたバトラーの親切さです。やはり良いホテルの質はハード面だけでなく、そこでサービスをする人に大きく依存するなぁと実感した滞在でした。


シンガポールスリング

ウェルカムドリンクとしていただいたシンガポールスリング。やっぱりここで飲むシンガポールスリングが一番好きです。


ラッフルズホテル朝食
ラッフルズホテル朝食
朝食はフルーツサラダとエッグベネディクト。レストランなども改装の影響を受けて場所が変更されたりしたようでしたが、爽やかな朝を迎えるには十分、ゆっくり朝食をいただくことができました。

ちなみに朝食付き、expediaからの予約で1泊¥72,243でした。

施設が綺麗になり、スタッフのホスピタリティが今のままなら十分価値があると思います。

ワン ファラー ホテル & スパ

ワンファラーホテル
最後に滞在したのがこちらのワンファラーホテル&スパです。シンガポールグランプリ開催期間の金曜日にチェックインし、月曜日にチェックアウトするまでの3泊しました。

Expediaで検索すると、その期間バカみたいな値段ばかりが目立つ中、、5つ星ランクでもっとも安く泊まれたのがここでした。


ワンファラーホテル

同じ建物に病院も併設されており、病院のエントランスとホテルのエントランスにこのリンゴのオブジェが飾ってあります。ホテルは緑で病院は確か赤だったと思います。。多分。。。

こちら、24時間営業で観光客にも人気のショッピングセンター「ムスタファーセンター」にも近く、最寄り駅ファラーパークの出口からも雨が降っていても濡れずにホテルエントランスにたどり着くことができます。ムスタファーセンターで買い物をすると窃盗被害防止のため、買った袋の口を結束バンドで結ばれるため、そこで買い物をして駅を利用する人は一目でわかります。


ワンファラーホテル室内

ちなみに、このホテル無駄がなく部屋も広くありませんでしたが、非常に使い勝手が良いです。ベッドメイキングはこちらの都合に合わせた時間にフロントにお願いしておくと、ちゃんと帰って来た時には終わってますし、冷蔵庫のドリンク、スナックが無料です。シンガポールのホテルでは結構普通なことのようですが、今回利用した3ホテルではここだけが、フリードリンク、フリースナックでした。


ワンファラーホテル室内

水周りはシャワーブースだけでバスタブはなかったですが、清潔でなんの文句もありません。正直コストパフォーマンスはここが一番良かったと思います。

ちなみに朝食なし、expediaからの予約で3泊¥59,445でした。ここに3泊した金額よりラッフルズホテルへの1泊の方が高いという・・・

当然なのかもしれないですが、チェックインの時間も規定通りで事前に到着したら、「部屋の用意ができてないので荷物を預かっておきますよ。」でした。

シンガポールグランプリで外国人も多く集まっている時期ということもあったのかもしれませんが、この金額で宿泊できて、贅沢言ってはいけませんね。


いかがでしたでしょうか。

ワンファラーホテルなどは市内中心からは少し離れていますが、地下鉄が縦横無尽に走っているシンガポールでは全く気になりませんでした。ラッフルズホテルはそこへ泊まることを一つの目的とするのであれば、十分価値はあると思います。シンガポール宿泊の参考にしてください。


マイレージブログランキングはこちら☆

マイレージ人気ランキングはこちら☆